ABOUT

この度は当社ホームページをご覧いただきまして誠に、ありがとうございます。 

株式会社スペース・オリオンは、神奈川県横浜市鶴見区で障害福祉サービス事業所ローズマリーケアを運営し、在宅生活を選ばれた身体障害、知的障害をお持ちの方へヘルパーなどの派遣事業を主に活動している会社です。


 どんな環境にいても、誰かと支え合いながら、ひとりの自立した人間として生きていきたい意志を持つ、障がいを有する方とそのご家族。そんな方達に、ご家族に代わってケアを行うスキルを持つヘルパーを育成し派遣することで、障がい当事者はもちろん、地域に暮らす社会の一員として、ご家族お一人おひとりの時間を作る支えになっていきたいと考え、弊社は存在しております。

 

社    名︰ 株式会社スペース・オリオン
設    立︰ 2014年2月10日
代表者︰ 代表取締役 沖村有希子
所在地: 神奈川県横浜市鶴見区 鶴見中央1-10-6栖倭館202

           

           代表者あいさつ

 

 
みなさま、ごきげんよう
株式会社スペース・オリオン代表取締役、ローズマリーケア管理者を務めております、沖村有希子と申します。
 
当社は私が24歳の時に創業した会社で、子どもの頃から関わってきた介助の経歴を生かし、福祉業を主に、個人の居宅生活を居心地良くしていくことを目指して活動している会社です。
 
11歳の時シングルマザーの母が交通事故に遭い、頚椎損傷による四肢麻痺が残ったことで車椅子生活を余儀なくされた時、2人家族の1人だった私は、介護の傍ら、あらゆる場面で大人に代わって矢面に立たされることになりました
 
朝、起きること、服を着替え、食事や排泄をし、外出したり、入浴をする事。それをすることがままならない。
 
幼さに同情して、えらいね、がんばってるね。と声を掛けてくれる人はいても、介護を代わってくれる人はいない。勉強する時間も働く時間もない。
 
それを、障害当事者である家族も申し訳なく感じ、世帯の誰か1人が複数の役割を担わねばならぬ状況、ケアが暮らしの負担になってしまう事。
 
それは家族にとっても心苦しく
どうしようもなく寂しいことです。
 
夜空に輝くオリオン座は、1年のほとんどの間観ることができる星座のひとつで、ギリシャ神話でも、海で遭難した人を助ける勇敢な神だったとされています。
 
わたくしは特定の宗教や思想をもつものではありませんが、どうしようもない状況に直面したとき見上げた先にあった星のように、弊社の活動もみなさんを助けるオリオンの様な存在になってほしい…という想いから名付けました。

わたくしが生きていくために、手を差しのべてくれた多くのプロフェッショナルの方や信じられる大人との出会いが私を成長させてくれました。
今は従業員10名程度の小さな会社ではありますが、これからも人の暮らしに関わることに全力で向きあってまいりたいと思います。弊社の活動が、みなさんの生活をすこしでも明るくする助けになることを、心より願っております。
 
令和3年12月吉日
 
沖村有希子
 
《創業者プロフィール・経歴》
 
日本ケアラー連盟・ヤングケアラープロジェクト登録スピーカー。11歳の頃シングルマザーの母が交通事故で頚椎損傷になった事で扶養者たる家族を失い、介助と世帯の労を担うケアラーとなる。大学では建築を学び住居学の学士を取得するも、扶養家族がいることや女性であることが理由で、就労難民に。あらゆる仕事を転々とした後24歳で起業し、現在は神奈川県内で福祉サービス事業所を営む。生活保護/事故に関わる法的庶務/孤立・貧困・就労難民を経験したケアラー・交通遺児として、全国で無事故を呼びかける講演にも参加している。スピーチ歴 : 第8回人権シンポジウムinかながわ・日弁連貧困問題全国キャラバン/神奈川県庁ケアラー支援勉強会/各大学講師など 共著 : 日本看護協会出版会「ヤングケアラーを支える」                                                                              令和3年度 ヤングケアラーについて理解を深めるシンポジウム 第2部・ヤングケアラーのリアル(登壇) https://youtu.be/QX61hixLhzw
武井壮×元ヤングケアラー特別対談(出演) https://youtu.be/K2EFLXfQbBk